クラスにこんな子供がいます。想像してください。

「キョロキョロしていて、落ち着きがない」

「椅子に座っていられない」

「感情の起伏が激しい」

「友達ができない」

「グループワークが苦手」

「ぼけーっとしている」

「取りかかれない」

 

その子もしかして、アスペルガー、ADHD、多動性障害、広汎性などを思い浮かべた人、こういった診断は全ての可能性を排除した後にされます。その可能性の中にギフティドという事を思い浮かべましたか。

実はギフティッドの子供達もこういった特質を持っています。

ADHD

 

集中力がない

 

持続性がない

 

終わってないのに、次の物事にうつる

 

衝動的。皆の場で自分の行動をコントロールできない。

 

他の子供達に比べて、

エネルギーが溢れている。

 

たくさん話す。会話に割り込む。

ゲームに割り込む。

 

ルールを守るのが苦手。

 

勉強に必要な物をなくす。

学校でも家でも。

 

細かい所はみえていないようにうつる。

 

批判や批評にとても敏感。

 

問題行動はどの状況にもおきる。

ギフティッドの子供

 

集中力がない。つまらない時は空想している

 

自分に関係のない物事を続ける事ができない

 

沢山のプロジェクトを始めるが、

その中の少ししか終わらせる事ができない。

 

感情的な所があるので、教師や親などパワーを持っている人達と

やり合う。

 

エネルギーに溢れている。

睡眠時間もあまり長くなくてもよい。

 

自分が話す順番でなくても話しをしてしまう。

邪魔になる事もある。

 

ルールや慣習や伝統に対して質問する。

 

物を無くす。宿題を忘れる。整理整頓が苦手

 

注意散漫にうつる。

 

批判や批評にとても敏感。

 

状況によって問題行動はおこさない。

© 2015 by NPO法人Feelosopher's Path Japan. All rights reserved.

 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。