秀才 v.s. ギフティッド

先生に「ギフティッドの生徒は誰か?」と尋ねたら、ほとんどの先生はまったく違う生徒を選ぶでしょう。その生徒達は先生の話を良く聞き、先生には質問せず、先生の質問に答える生徒達。一生懸命勉強して良い成績を収める。ギフティッドの子供達が決して、High-achiver(成績の良い生徒)とは限りません。

いわゆる「秀才」の特徴

 

答えを知っている

 

興味を持っている

 

集中している

 

良いアイデアがある

 

一生懸命する

 

質問に答える

 

成績はクラスのトップ

 

興味を持って聞く

 

簡単に学ぶ

 

6から8回の復習で習得

 

アイデアを理解できる

 

仲間と楽しい時間を過ごせる

 

意味を捉える事ができる

 

宿題をこなす

 

感受性が強い

 

精巧に真似ができる

 

学校が楽しい

 

注意深い

 

自己の学習に満足している

 

 

順序だっている物が好き

ギフティッドの子供

 

深い質問をする

 

好奇心旺盛

 

没頭している

 

バカげたアイデアがある

 

勉強してないけど、テストはできる

 

詳細に話し、そこから話を展開する

 

クラス、又は学年以上のレベル

 

強い感情や意見を持っている

簡単に学ぶ

 

すでに知っている

 

1、2回の復習で習得

 

抽象化思考ができる

大人や年上と遊びたい

 

推測し、新しい質問をする

 

プロジェクトを始める

 

感情的で情熱的

 

新しいデザインを思いつく

 

学ぶのは好き。でも学校がきらいかも

 

情報をそのまま受け取らず、色々な角度からみる

 

創造的、物作りが好き

 

沢山の情報を持っていて、言い当てる

 

観察力がある。細かい所までみてる

 

自分に厳しい。完璧主義なところも

 

複雑な物が好き

 

全体像がみたい

© 2015 by NPO法人Feelosopher's Path Japan. All rights reserved.

 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。