アメリカではギフティッドの子供たちが色々な形でサポートしてチャレンジされています。公立学校ではギフティッドと特定された子供達が、普段のクラスから離れ、GATEプログラムと称して行われている教科などを受けています。その一方、私立学校ではギフティッドの子供達の潜在能力を開花させる為に、知的好奇心、探究心、創造的思考や批判的思考などを育むカリキュラム、そして、感情知能教育やSEL(社会性と情動の学習プログラム)にも力を入れています。又、学校に通わず、ホームスクールという形で、独自のカリキュラムを親が作り、ギフティッド教育を受けている子供達もいます。属にいうアメリカで行われている多くの​ギフティッド教育とは、高いレベルの能力、又は潜在能力を持った子供達を対象に、特別に組んだカリキュラムやクラスを通し、それぞれが持つ才能を伸ばす為の教育です。

 

実は「ギフティッド」の定義が一つでありません。ギフティッド協会、州、学区、学校、GATEプログラムによって定義が異なります。定義が異なるからにはギフティッドと特定する方法も違いますし、基準も違います。「IQ130以上」を入学基準にする学校やプログラムもあれば、ギフティッドの子供が持つ特質から主観的に特定したり、その子供達と関わっている先生からの推薦状や、子供達の偉業(コンテストやコンクールの賞)を入学の基準にする学校やプログラムもあります。

 

ギフティッド教育とは、高いレベルの能力、又は潜在能力を持った子供達を対象に、特別なカリキュラムを組み、それぞれが持つ才能を伸ばす為の教育です。以下はアメリカで行われているギフティッド教育を簡単にまとめました。

公立学校(パブリックスクール)

 

GATEプログラムなどギフティッドの子供達だけを集め、週に数時間特別なカリキュラムで教育を行う。

主に次の方式がある。

 

エンリッチメント方式:

クラスメートは変わらず、よりレベルの高い課題や宿題をもらう。

 

プルアウト方式:

クラスメートが変わり、ギフティドの生徒達だけを集めて特別な授業をする。

 

アクセルレイト方式:

飛び級をさせる。

私立学校(プライベートスクール)

 

カリキュラムだけではなく、学校風土もギフティッドの子供達の為に作られている。例えば、 "Cool to be smart"「賢い事はかっこいい!」や "Safe to be smart"「この場所は賢くても安全!」などをテーマとして、コミュニティー作りに力を入れる。そして、全てのカリキュラムがギフティッドの子供達の育成の為に作られている。学力だけではなく、感情知能教育、メタ認知教育、キャラクター教育を取り入れている学校が多い。それぞれのギフティッドの学校が独自のカリキュラムを提供している。

ホームスクール

家庭で独自のカリキュラムを作り、子供の育成をする。

 

サマーキャンプ

シェイクスピアやプログラミングなど、子供が情熱を持っている事を夏のコースとして提供する。

 

家庭教師やクラブ

子供達は個人的にレッスンを受け、作家活動、作曲活動を続けたり、サッカーや野球などのクラブ活動をする。

© 2015 by NPO法人Feelosopher's Path Japan. All rights reserved.

 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。