JAGの紹介

JAGの理念

JAGの目的

欧米に比べて、日本ではまだギフティッドの概念が薄く、ギフティッドの子供達を対象に、それぞれの子供が持つ才能を開花させるプログラムや教育機関はまだ多くはありません。アメリカで長年ギフティッド教育を提供してきた教師とその卒業生で運営されています。

「次世代の変革者、創造者、そして、インスピレーションになる」

 

ギフティッドの子供達が個々の才能を開花し、それらの素晴らしい魅力・能力を自分の為だけでなく、周りの人や社会の為に使い、意味のある人生を送る事を心に描いています。

 「ギフティッド教育の普及とネットワークの構築」

 

ギフティッド教育を提唱し、並外れた才能のある子供達、又は並外れた才能を見せる事ができる潜在的な力を持っているギフティッドの子供達や、その子供達を育成している親や先生、又は教育機関をサポートします。

ギフティッド10の権利

 

 ① 1つ以上のギフトを探求する。

② 子供時代を楽しむ。

③ 毎日、新しい事を学ぶ。

④ 色々な人々やグループと関わりを持つ。

⑤ 勉強だけでなく、ソーシャルエモーショナル

(感情知性)スキルを学ぶ。

⑥ 自信を持って才能を共有する。

⑦ 新しい自分に会えるチャレンジをする。

⑧ 全てにおいて才能がなくても良い。

⑨  「賢くても良い」安全な環境にいる。

⑩ 生涯を通して、魅力を探求する。 

​詳細・お申し込みはコチラ

© 2015 by NPO法人Feelosopher's Path Japan. All rights reserved.

 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。